sanshin_oshiro

おおしろ たかゆき

大城 貴幸

1987年生まれ。(ニックネーム:おおたか) 綱曳き、エイサー、組踊など伝統芸能が盛んな南城市大里大城で育ち、エイサーの地謡をしていた父親の影響で三線をはじめる。本格的に芸能を学びたいという思いからする。現在は沖縄県立芸術大学大学院芸術文化学研究科芸術文化学専攻で研究を行い、演奏活動を行う。国立劇場おきなわを中心に県内、県外の劇場で琉球古典音楽の演奏、組踊・琉球舞踊の地謡を行いながら、自ら作詞作曲活動も手掛け多くの作品を発表する。また南風原高校時に結成した島うたグループ「南風ぬ庭」としても共演をするなど幅広く演奏活動を行っている。 18歳で第二回汗水節大会に出場し優秀賞受賞、20歳の時に第18回ラジオ沖縄新唄大会で「咲かさなや~」を編詞編曲、自ら演奏し新唄大賞受賞をきっかけに、同年南城市文化センターシュガーホールにて「咲かさなや~コンサート」21歳では「咲かさなや~」でCDデビューする。22歳では美ら島高校総体2010開会式公開演技郷土芸能部門「貫花遊びと美ら島エイサー」編詞作曲を担当。同年第21回ラジオ沖縄新唄大会「美童花遊び」新唄大賞受賞(作詞作曲、歌美童フェーヌナー)

経歴

2002年  沖縄県立南風原高等学校郷土文化コースへ入学 伝統芸能の楽しさを学ぶ
2004年 「大城大軍」若按司役を務め組踊が好きになる
2005年 沖縄県立芸術大学音楽学部音楽学科琉球芸能専攻琉球古典音楽コースに入学。同大学院舞台芸術専攻琉球古典音楽専修まで入学し計6年間学びながらも、国立劇場おきなわ第2期組踊研修を行い一流の講師の方々から指導を受け学ぶ。
2011年母校である沖縄県立南風原高等学校郷土文化コース(郷土の音楽)の教諭として4年間生徒を指導
琉球古典音楽安冨祖流絃聲会 三線師範/笛教師 濱元盛爾に師事
琉球民謡協会 三線優秀賞 金城朝子に師事
伝統組踊「子の会」所属

担当クラス

血液型 A型
星座 みずがめ座
趣味 映画鑑賞
好きな場所は?
好きな事は?
この道を選んだきっかけは? 地元南城市大里字大城では綱曳き、エイサー、組踊と伝統芸能や行事が盛んな地域で育ち、好きになり、南風原高校郷土文化コース、県立芸術大学琉球芸能専攻へ進んで、より三線が好きになり、多くの方々に沖縄芸能(三線)の魅力を伝えたいという思いでこの道に進みました。
夢は? 一流の奏者として、一流の奏者として、三線の可能性を魅力を発信、伝えられる人になりたいです。
Webサイト
facebook

[記事公開日] 2015/08/25
[最終更新日] 2015/09/04
講師一覧へ戻る