緊急事態宣言の延長に伴う今後の対応について

緊急事態宣言の延長に伴う今後の対応について

政府は4日、全国を対象に緊急事態宣言の期限を6日から31日に延長すると決定致しました。

そして、沖縄県も県独自の緊急事態宣言の延長(31日まで)とそれに伴う対象施設への休業要請も20日まで2週間延長する方針を発表しました。

この要請を受け、マナブ倶楽部山川義塾では以下のように対応致します。

・学童クラブは緊急事態宣言延長前と同様に当面開所致します。

小学校臨時休校期間中の受け入れ時間は朝7時半から夜19時とします。土曜日は昼13時から夜19時、日曜祝日は閉館となります。今後の県からの要請によっては休館する可能性もございます。

・山川義塾は7日(木)以降、少なくとも5月20日(水)まで映像授業、オンラインでの質問対応、面談対応とさせていただきます。それ以降の対応につきましては県内の感染拡大状況等を考慮した上で決定致します。

県内での感染拡大状況、政府・沖縄県の緊急事態宣言延長の判断等を考慮した上で、5月20日(水)まで、自習室利用は不可となっていますが、オンラインでの映像授業、質問受け、面談での対応とさせていただきます。また、新たに入塾を検討されている方は、電話もしくはオンラインでの面談は随時可能となっています。まずはお電話くださいませ。

・生涯学習部門(カルチャー講座)は5月20日(水)まで、全講座休講と致します。

・今後の状況に応じて、臨機応変に対応させていただきます。

今後の新型コロナウイルスの県内での広がりや感染状況、政府の要請に対して臨機応変に対応させていただきます。

・感染予防に関して

マナブ倶楽部では、感染予防のため、手洗いやうがいの励行および消毒液の設置などを行なっております。検温の上、発熱がある、または呼吸器系の症状がある場合は来校をお控えください。

学童クラブでは体温測定を行い、37.5度以上の場合ご連絡いたしますのでお迎えにきていただきます。

お知らせ一覧へ戻る